コラムカテゴリー
【断捨離がうまくいかない…】原因と対処法を紹介!コツを知れば簡単!
【断捨離がうまくいかない…】原因と対処法を紹介!コツを知れば簡単!

断捨離はすごく家がきれいになるイメージがあります。

家の中を片付けようと思った時、「いらない物を捨てること」が最初のステップです。

しかし、いざ断捨離をしようと思っても、

  • 「全然物を捨てられない…」
  • 「どこから始めていいかわからない」

などの理由で、断捨離がなかなか進まないという方も多いですよね。

そこで今回は、断捨離をスムーズに進めるためのコツや具体的な方法を詳しく紹介します!

そのほか、断捨離がうまくいかない理由や、断捨離をしたらどのような効果があるのかも解説しますので、ぜひ参考にしてみましょう。

この記事を読めば、きっと断捨離が習慣化して「お片づけ上手な主婦」の第一歩を踏み出せるはずですよ♪

断捨離がうまくいかない理由4選

それではまず、断捨離がうまくいかない方の典型的な理由を4つ紹介します!

①「もったいない」と思いすぎる
②捨てて後悔しないか不安
③何を捨てるべきかわからない
④断捨離の時間がない

①「もったいない」と思いすぎる

断捨離が進まない理由の1つに「もったいない」と感じるケースがあります。

いざ物を捨てようと思った時に、

  • 「値段が高かったから」
  • 「人からもらった物だから」

などの理由から、捨てること自体に罪悪感があるという方は多いですよね。

しかし、それでは断捨離が進まないので思い切って物を捨てる必要があります。

そもそも断捨離とは、物を捨てるという行為だけではなく「物にとらわれない生き方をする」という考え方そのものを指すと言われています。

つまり、本当に「もったいない」のは、物を捨てることではなく、散らかった家に住み、物にとらわれた生き方をしていることです。

どうしてももったいないと感じてしまう場合は、長期間使っていないものから捨てていくのがコツですよ。

②捨てて後悔しないか不安

断捨離が進まない原因の2つめが、捨てて後悔しないか不安に感じるケースです。

こちらは、自分の決断を信じられないタイプの方が陥りやすい原因です。

  • 「捨てたことを後悔したらどうしよう」
  • 「すぐに必要になって、結局買うことになりそう」

などの気持ちが先行してしまいます。

こちらのタイプの方は、今まで「捨てること」が苦手でついつい避けてきたために、成功経験がない場合が多くいます。

そのような方に合は「保留ボックス」を作成するのがおすすめです。

保留ボックスに入れたものは何か月かとっておいて、その間使わなかったものは思い切って捨ててみましょう。

③何を捨てるべきかわからない

何を捨てるべきかわからず迷っていたら時間だけが過ぎ、逆に部屋が散らかってしまう…。

まさに断捨離あるあるの1つですよね。

そのような時は、あなたの断捨離の目的を思い出してみましょう。

そもそも、断捨離をしたいと思ったきっかけは何ですか?

  • 「子供が勉強しやすい環境を作りたい」
  • 「家族が自然と集まる居心地の良い家にしたい」
  • 「夫や家に来た人に褒められたい」

「捨てる」という手段だけにこだわらず、本当になりたい自分の姿を思い描いてみましょう。

そうすることで、他人の意見に振り回されない「自分の基準」が明確になるはずです。

④断捨離の時間がない

断捨離は家事に必須ではないし、時間もかかるイメージなため、どうしても後回しになってしまいますよね。

そもそも、時間がないのも断捨離が進まない原因の1つです。

断捨離をする時間がない時に、おすすめなのが「1日1捨て」です。

1日1捨てとは、文字どおり1日に1つのゴミを捨てていく断捨離法です。

断捨離の時間がない方は、寝る前や家事のはじめに1つだけゴミを捨ててみてください。

日々の小さな積み重ねによって、簡単に家がキレイになっているおすすめの方法です!

なお、1日1捨てについては以下の記事で詳しく解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

参考:【最強の断捨離法】「1日1捨て」でお片づけ!効果や捨てるべき物を解説

うまくいかない断捨離を成功させるコツ6選

断捨離がうまくいかなくても問題ありません。

下記の6つのコツを実践できれば、簡単に断捨離を進められます。

①「捨てる基準」を明確にする
②売ったり譲ったりする
③データ保存をしてみる
④数回に分けて片づける
⑤ものを増やしすぎない
⑥家族と一緒に断捨離する

①「捨てる基準」を明確にする

捨てる基準をしっかり決めておけば、

  • 何を捨てるか
  • 捨てられない

などの悩みがなくなります。

基準を決めるポイントは、

  • 習慣的に使用しているか
  • 長期間使用していないか
  • 在庫が多すぎないか

などです。

たとえば、1年以上使っていないような衣類があれば、それは着なくても過ごせた証拠。

ほかにも、同じようなボールペンが何個もあるような場合は、本当に使う何個かに絞って、あとはいっそのこと捨ててしまうのもありです。

このように、使っている頻度・使っていない期間・数などの基準を具体的に決めることで、断捨離をスムーズに進めることができます。

②売ったり譲ったりする

断捨離が進まない理由に「もったいない」がありますが、そういった場合は他の人に譲ったり売ったりするのもおすすめです。

  • 「使っていなくて捨てられない」
  • 「高かったから捨てるのが惜しい」

という物は特に売ったり譲ったりしてみましょう。

捨てる事への罪悪感が薄れて物を手放しやすくなりますし、場合によっては臨時収入になったりします。

たとえばバザーで売ったり、ママ友に譲ったりする方法が考えられます。

こちらの方法が向いている具体的なアイテムは、

  • 子供服
  • おもちゃ
  • ブランド物のバック・小物

などです。

これらで不要だけど捨てるのはもったいないと感じる場合は、売ったり譲ったりすることを検討してみてください。

③データ保存をしてみる

  • 子供が作った作品・手紙
  • 過去の栄光(賞状・トロフィーなど)
  • 仕事の成果物(商品やカタログなど)
  • 人からもらったプレゼント

などはなかなか捨てにくいですよね。

そういったものは、写真を撮ったり、データで保存したりするのがおすすめです。

実物がなくても思い出は残すことができますよ。

④数回に分けて片づける

苦手な断捨離を1日で一気に終わらせようとしても、なかなかうまくいきません。

少しずつ手をつけていたら全てが中途半端になり、最初よりも家の中がグチャグチャになってしまうことも…。

そのため、断捨離をする前はスケジュールを決めてみましょう。

「今日はここまで」、「来週はここから」と決めて計画的に進めることで断捨離が成功しやすくなります。

⑤ものを増やしすぎない

断捨離の「断」は、「不要な物を断つ」という意味があり、不要なものを増やさないのも断捨離の一種になります。

物を買うか迷った時は、有名な以下の考えがおすすめです。

  • 買う理由が「値段」なら買わない
  • 迷う理由が「値段」なら買う

「セールで安くて買ったけど、結局使わなかった」という経験はよくありますよね。

買い物をする時に迷ったら、こちらを基準に買う・買わないを選んでみてください。

⑥家族と一緒に断捨離する

断捨離でよくあるトラブルが家族のものを勝手に捨ててしまうこと。

そういったトラブルで家族仲が悪くなったり断捨離の継続が難しくなることも。

この場合は、家族を巻き込んで一緒に断捨離してみましょう。

断捨離がすぐ終わりますし、人のものを捨ててしまうトラブルも無くなります。

ただし、家族で断捨離といっても、みんななかなか手伝ってくれなかったり、片づけの仕方を知らない場合もありますよね。

そういった場合は、家族みんなでお片づけが上手になる家庭力アッププロジェクト®︎の受講がおすすめです。

「ママだけが頑張らない仕組みを作る」ことがテーマなので、みんなでお片づけをしたい家族にぴったりなプロジェクト

現在、1,200名以上の方がこの講座でお片づけ上手になっています。

まずは無料のオンラインセミナー&説明会を受けてみてください。

今なら断捨離にぴったりな『物の“絶対量”を減らすフローチャート』も配布中です。

下のボタンからオンラインセミナー&説明会をチェックしてみてくださいね。

【誰でもできる】断捨離の正しい手順4つ

コツの次は、断捨離の具体的なやり方を紹介します。

下記の4ステップに従って断捨離をやってみてください。

①簡単な場所・捨てやすい物からやる
②目立つ場所は二番目に取りかかる
③中盤は収納スペースの断捨離を
④最後に洋服を断捨離する

①簡単な場所・捨てやすい物から始める

断捨離はまず、掃除が簡単な場所・捨てるのに迷わない物から始めてみてください。

一回始めてしまえばスムーズに断捨離に集中できます。

最初の一歩でつまずかない事が大切です。

②目立つ場所は二番目に取りかかる

断捨離に勢いがついてきたら、次は「リビング」「ダイニング」などの目立つ場所・人が集まる場所を掃除しましょう。

これらの場所はきれいになった変化がわかりやすい場所です。

家族から「綺麗になったね!」と言われれば、うれしくて続けたくなりますよね。

③中盤は収納スペースの断捨離を

収納スペースは片づける量も多いですし、成果も見えづらいです。

そのため、断捨離がスムーズになってきた中盤以降に片づけるのがおすすめ。

収納スペースの断捨離は「ストレスのない暮らし」には実はすごく重要な場所です。

物が多い家ほど、

  • なんでも収納スペースにしまう
  • 詰め込みすぎてぐちゃぐちゃ
  • 欲しいものが見つからない

という状態になりがちです。

何かをしたい時、必要な物がすぐに見つからないとストレスを感じますよね。

収納スペースを断捨離することは、暮らし全体のストレス軽減に大きな役割があります。

④最後に洋服を断捨離する

洋服は、いる・いらないのジャッジが難しく、ハードルが高めなので後半に断捨離しましょう。

洋服の断捨離がうまくいかない場合は、

  • 今の体型で着られるか
  • 今の生活習慣で着るか
  • 定期的に着ているか
  • コーディネートから外れてないか

などのポイントに気をつけると、判断しやすくなります。

購入時の値段に縛られすぎないように注意しましょう。

【運気が上がる?】断捨離のメリットと効果がすごかった!

続いては、以下4つの断捨離のメリットと効果について解説していきます。

①ストレスが軽減する
②家事がしやすくなる
③お金の節約になる
④風水的な理由で運気が上がる

①ストレスが軽減する

断捨離をすることで

  • 家がすっきりする
  • 達成感が湧いてくる
  • 掃除のプレッシャーがなくなる
  • 探し物が減って生活がスムーズに

など様々なストレスから解放されます。

また、生活がしやすくなるので自分だけでなく家族もストレスが軽減します。

②家事がしやすくなる

物が少ないと掃除が楽になりますし、収納スペースがすっきりしていれば片づけが簡単になります。

また、物の位置がわかりやすくなるので家族も家事のお手伝いがしやすいです。

断捨離を継続的に行うことで家族全員余裕が生まれて生活が豊かになります。

③お金の節約になる

断捨離をすると自分が持っている服や小物・日用品などをしっかりと把握することが可能です。

そのため、同じような物を買う・賞味期限切れなどで食品を無駄にするなどの失敗がなくなります。

また、日用品の在庫数がわかっていれば安い時にまとめ買いも可能です。

また、自分にとって本当に欲しい物がわかることで、散財もしにくくなります。

④風水的な理由で運気が上がる

風水では、不要な物を溜め込むと運気が下がると言われています。

そのため、断捨離で不用品を捨てることで、運気を上げる事が可能です。

一見スピリチュアルでありえないと思いがちですが、風水学は中国で誕生した環境学で、

  • 「環境が生活を決める」
  • 「精神が部屋にあらわれる」

という考え方があります。

そのため、中身を見ると意外に理にかなった物が多いのです。

例えば風水では、過去の恋愛で嫌な思い出のある物を捨てると恋愛運がアップすると言われます。

これは、過去にとらわれる自分の考え方を変えることで新しい出会いを大切にできるという意味です。

断捨離をすることでストレスが減ったり生活が楽になることで結果的に運気が上がったように捉える事ができます。

どうしても断捨離がうまくいかない時はプロに協力してもらう

これまで断捨離のコツや進め方について紹介しました。

しかし、それでも

  • 片づけが継続できない
  • 家族の協力が得られない

といった理由で断捨離がうまくいかない方もいますよね…。

そういった場合は自分の力で解決するのはかなり大変なので、思い切ってプロのサポートを受けるのがおすすめです。

  • 片づけの習慣が身についた!
  • 家族みんなで片づけが上手くなった!

と評判なのがお片づけ習慣化コンサルタント・西崎彩智が主催する「家庭力アッププロジェクト®︎」という講座。

こちらは、ある受講生のお部屋の変わり様です。変化が一目瞭然ですよね。

このようなお片づけ習慣を身につけた卒業生は累計1,200名を超えます。

この方は「家庭力アッププロジェクト®︎」を受講したことで、

  • 定期的に片づけをするように
  • 家族が率先して片づけてくれるように
  • 効率的な片づけ方がわかった

などのメリットがあったそうです。

お片づけがうまくいかないという悩みを、西崎はじめスタッフや仲間と一緒にまるごと解決しちゃいましょう。

興味のある方はまず、オンラインのセミナー&説明会にご参加ください!

今なら断捨離にぴったりな『物の“絶対量”を減らすフローチャート』も配布中です。

お片づけ習慣化コンサルタント
株式会社Homeport 代表取締役
片づけ・自分の人生・夫婦間のコミュニケーションを軸にママたちが自分らしくご機嫌な毎日になる『家庭力アッププロジェクト®︎』を主宰。
またライフワークとして、子どもたちが片づけを通して”生きる力”を養える『親子deお片づけ』も主宰。